Amazon Echo(アレクサ)を使いこなす

【Echo plus】Amazon Echoとの違いを中心に使い心地をレビューします

  • Echo plusを買おうか悩んでいるけどどこまでできるかよく分からない
  • Echo plusとAmazon Echoとの違いを知りたい
  • Echo plusの良いところと悪いところを知りたい

この記事ではこのような悩みを解決します。

 

私自身、Echo plusを買う前にいろいろと調べました。

当時分からなかったことも今は分かるので、そのあたりも含めて説明できればと思います。

 

 

Echo plusの特徴・できること

Echo plusの特徴は次の通りです。

  • ・プレミアムサウンド
  • ・対応しているスマート家電の簡単セットアップ
  • ・温度センサーが内臓されている

ざっくり言うと、「音質が良くて、スマート家電のセットアップが簡単(※)」という感じです。

※対応しているスマート家電に限る。

 

また他のEchoと同じように「アレクサ」を内臓しているのでできることに違いはありません。

唯一挙げるとすれば、「Echo show 5」のようにスクリーン付きではないので、画面を使った操作はできません。

具体的に何ができるかについては、下記の記事を参考にしてくださいね。

 

Amazon Echo(アレクサ)でできること|16種類の使い方を紹介

続きを見る

 

スマートハブ内臓機能でどこまでできるか?

ここではEcho plusの特徴の1つである「スマートハブ内臓」機能についてもう少し詳しく紹介します。

購入前、ここが一番分かりづらかったんですよね。

 

Echo plusには「スマートハブ」というものが内臓されています。

これは簡単に言うと「スマート家電とEchoを繋ぐ中継装置(ハブ)」のことです。

 

例えば、Philips Hueというこちらのスマートライト(電球)をEchoと接続したいとします。

 

このライトを「アレクサ、〇〇」と言って操作するためには、こちらのハブが必要です。

created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥6,300 (2020/05/28 16:19:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

このハブでEchoとPhilips Hueを繋いでいるイメージですね。

 

このように、他のEchoならハブを新たに購入しないといけません。

 

ですが、Echo plusは初めからハブが内臓されているので、新たにハブを購入しなくてもPhilips Hueを声で操作できます。

 

これが「スマートハブ内臓」機能の特徴です。

 

またPhilips Hue以外でもZigbee規格に対応しているものであれば、ハブを新たに購入する必要もありません。

 

テレビやエアコン等の家電操作はどうすればいい?

「Echo plusはスマートハブ内臓だから何もいらないんじゃ?」と思いがちですが、家電操作には別売の「スマート家電リモコン」が必要です。

Echo plusのスマートハブはZigbee規格に対応してないとダメなんですよね。

 

家にあるテレビやエアコンは赤外線のリモコンで操作していると思いますので、ほぼ確実に必要になります。

これは他のEchoでも同じです。

 

ちなみにスマート家電リモコンはいくつか種類がありますが、「RS-WFIREX4」か「Nature Remo mini」のどちらかにしておけば間違いないと思います。

RS-WFIREX4

 

Nature Remo mini

 

「RS-WFIREX4」に関しては初期設定方法から説明していますので、参考になれば幸いです。

スマート家電リモコン(RS-WFIREX4)の初期設定方法

続きを見る

 

Echo plusとAmazon Echoとの違い

比較はEcho plus(第2世代)とAmazon Echo (第3世代)のものです。

Echo plusとAmazon Echoの違いは次の表の通りです。

 

Echo plus Amazon Echo
特徴 プレミアムサウンド
スマートハブ内臓
温度センサー内臓
プレミアムサウンド
スピーカーサイズ 3.0インチネオジウムウーファー
0.8インチツイーター
音楽ストリーミングサービス対応
外部スピーカー接続
Dolbyテクノロジー Dolby Audio
音声・ビデオ通話 音声通話
家電の操作 ○(別売の家電リモコンが必要)
スマート家電の簡単セットアップ ○(Zigbee規格対応のもの)
温度センサー内蔵
音声ショッピング
サイズと重量 148 x 99 x 99 mm 780 g

 

比較表でわかる通り、違いは「スマート家電の簡単セットアップ」と「温度センサー」くらいです。

大きさも重さも同じなので見た目も変わりません。

 

Amazon Echoとの音質の違い

Echo plus(第2世代)とAmazon Echo (第3世代)を比較したところ、違いは特に見つかりませんでした。

以前はAmazon Echoが第2世代だったため、Echo plusの方が音質がよかったのですが。。

最近はAmazon Echoが第3世代になり、音質が上がってEcho plusに追いついたという形ですね。

 

Echo plusを使ってみた感想

まずはスマートハブ内臓なので、セットアップが簡単でした。

私の場合はPhilips Hueを声で操作したかったので、余計な設定がかからなかったのが良かったです。

「デバイスを探して」と言うだけでセットアップできました。

ハブを買う場合だと、「Echoとハブの設定」と「ハブとHueの設定」があるので面倒だったと思います。

 

逆にPhilips HueやZigbee規格に対応したスマート家電を持ってないなら、Amazon Echoで十分かなと思いました。

テレビ等の操作はスマート家電リモコンが必要ですし、音質も変わらないですし。

Zigbee規格対応のスマート家電が増えてくると、Echo plusの存在感も出てくるかと。

 

以上から、私の結論としては、

「Philips Hueを声で操作したいならEcho plus、そうでないならAmazon Echo」

という選び方をすれば失敗しないかなと思います。

 

Philips Hueを声で操作したいならEcho plus

 

そうでないならAmazon Echo

created by Rinker
Amazon
¥11,980 (2020/05/28 16:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

Amazon Echo(アマゾンエコー)の初期設定方法。画像付きで説明します。

続きを見る

 

amazon-time-sale

-Amazon Echo(アレクサ)を使いこなす

© 2020 しょうりん家