海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン1(全10話)の感想まとめ

2018年7月1日


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン1の第9話「ベイラー大聖堂」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

 

シーズン1 第9話「ベイラー大聖堂」終了時点での相関図

「ゲーム・オブ・スローンズ」全シーズンの相関図を1話ごとに紹介【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
ジョフリー ネッドを処刑する
ミアセラ
トメン
サーセイ・ラニスター
ランセル・ラニスター
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬)
イリーン・ペイン ネッドの首をはねる
エダード・スターク(通称:ネッド) ジョフリーにより処刑される
ヨーレン
サンサ・スターク
アリア・スターク
ジェンドリー
ピーター・ベイリッシュ
ロス
ヴァリス
パイセル
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン
ジョン・スノウ
ジオー・モーモント
アリザー・ソーン ホワイトウォーカーの件で王都へ
エイモン "狂王"の叔父であることが判明
サムウェル・ターリー
ウィンターフェル
ブラン・スターク
リコン・スターク
ルーウィン
ホーダー
オシャ
狭い海の向こう側
デナーリス
カール・ドロゴ 傷の化膿により瀕死状態
ジョラー・モーモント
キャスタリーの磐城(キャスタリーロック)
タイウィン・ラニスター
ティリオン・ラニスター
ブロン
シェイ 娼婦
その他
グレガー・クレゲイン(通称:山)
スタニス・バラシオン
レンリー・バラシオン
ロラス
ベンジェン
ロブ・スターク 奇襲でジェイミー・ラニスターを捕まえる
シオン・グレイジョイ
キャトリン
ロドリック・カッセル
ジェイミー・ラニスター ロブに捕まる
バリスタン・セルミー
ウォルダー・フレイ フレイ家の当主。スケベじじい

感想

新たにウォルダー・フレイという人物が登場しました。彼がロブたちに突き付けた条件がちょっと厳しいかなという感じですが、ロブは条件を飲んでしまいましたね。アリアとロブがそれぞれ結婚しないといけなくなったので、ちょっと可哀想。

ウォルダー・フレイは性格的にちょっと受け付けないので、この結婚はしないで欲しいところです。そしてロブは奇襲に成功してジェイミー・ラニスターを捕まえることに成功します。ここから反撃といったところでしょうか。

壁では学匠(メイスター)のエイモンが"狂王"の叔父だということが判明しました。雰囲気のあるおじいちゃんだとは思っていましたが、まさかそんな大物とは。王になっていた可能性もあったんですね。

海の向こうではドロゴが傷が化膿して危ない状況です。この時代は衛生面とか良くなさそうですもんね。ちょっとケガしただけでも大事になってしまいます。よくわからない儀式をしていたんですが、果たしてこれでドロゴが無事に回復するんでしょうか。

そして、、まさかのネッド処刑。ジョフリーまじで許せないです。今回は最悪の終わり方でした。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家