海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン1(全10話)の感想まとめ

2018年7月1日

 

ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン1の第5話「狼と獅子」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

 

シーズン1 第5話「狼と獅子」終了時点での相関図

「ゲーム・オブ・スローンズ」全シーズンの相関図を1話ごとに紹介【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
ロバート・バラシオン 海の向こうの勢力(ヴィセーリスなど)が気になる
バリスタン・セルミー
ランセル・ラニスター
ジョフリー
ミアセラ
トメン
サーセイ・ラニスター
ジェイミー・ラニスター ティリオン・ラニスターが捕まったと聞き、ネッドに忠告しに行く
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬) 暴れる"山"を止めに入る
グレガー・クレゲイン(通称:山) 試合でロラスに負ける
ロラス 試合で"山"に勝つ。レンリー・バラシオンと怪しい関係
イリーン・ペイン
エダード・スターク(通称:ネッド) 海の向こうの勢力の対応をめぐってロバートと対立。足を負傷
ヨーレン キャトリンがティリオン・ラニスターを捕虜にしたことをネッドに伝える
サンサ・スターク
アリア・スターク 猫を追っているときにヴァリスの話を聞く
レンリー・バラシオン ロラスと怪しい関係
ジェンドリー
ピーター・ベイリッシュ ヴァリスと裏の探り合い
ヴァリス 裏で暗躍している模様
パイセル
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン ライサの息子
キャトリン ティリオン・ラニスターをライサ(妹)のもとに連れていく
ロドリック・カッセル
ティリオン・ラニスター 高巣(アイリー)城で捕虜になる
ブロン 傭兵
ジョン・スノウ
ベンジェン
ジオー・モーモント
アリザー・ソーン
エイモン
サムウェル・ターリー
ウィンターフェル
ロブ・スターク
ブラン・スターク ルーウィンと勉強
リコン・スターク
シオン・グレイジョイ
ルーウィン
ホーダー
ロス 娼婦
狭い海の向こう側
ヴィセーリス
デナーリス
カール・ドロゴ
ジョラー・モーモント

感想

また前回に引き続いて試合がありました。"山"めっちゃ怖いですね。馬を一撃で倒してしまうところを見ると、かなりのやり手といった感じです。策略とかには疎そうなので、だまされないように立ち回って欲しいですね。一方の対戦相手のロラスはレンリーと何やら怪しい関係みたいです。

王都はロバートの奔放さでネッドが手を焼いています。ロバートを止められるのはネッドだけみたいな感じなので、しわ寄せがネッドに来てしまっている感じですね。しかもロバートはヴァリスによると命を狙われているという疑いも。

こんなことなら王の手にならなかった方がよかったのかもしれないです。最後には完全に意見が対立してしまっていましたね。足も負傷してしまったし、ネッドにとって王都の危険度も増してきた気がします。

裏ではヴァリスがかなり暗躍しているみたいです。良いたくらみか悪いたくらみかはわからないですが、今後何か起こりそうな予感です。同じく裏でいろいろやってそうなピーター・ベイリッシュともバチバチですね。

今回は王都がメインでしたが、今後どうなっていくのでしょうか?ネッドには頑張ってほしいですね。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家