海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン1(全10話)の感想まとめ

2018年7月1日


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン1の第8話「進軍」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

 

シーズン1 第8話「進軍」終了時点での相関図

「ゲーム・オブ・スローンズ」全シーズンの相関図を1話ごとに紹介【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
バリスタン・セルミー ジョフリー(サーセイ)により王の盾の総帥から外される
ランセル・ラニスター
ジョフリー 王の盾の総帥バリスタン・セルミーを罷免する。代わりにジェイミー・ラニスターを王の盾の総帥にし、タイウィン・ラニスターを王の手にする
ミアセラ
トメン
サーセイ・ラニスター
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬)
イリーン・ペイン
エダード・スターク(通称:ネッド) 地下牢?に入れられている
ヨーレン
サンサ・スターク
アリア・スターク 王都から逃亡
ジェンドリー
ピーター・ベイリッシュ
ロス
ヴァリス
パイセル
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン
ジョン・スノウ
ジオー・モーモント
アリザー・ソーン
エイモン
サムウェル・ターリー
ウィンターフェル
ブラン・スターク
リコン・スターク
ルーウィン
ホーダー
オシャ
狭い海の向こう側
デナーリス
カール・ドロゴ
ジョラー・モーモント
キャスタリーの磐城(キャスタリーロック)
タイウィン・ラニスター
ジェイミー・ラニスター
ティリオン・ラニスター
ブロン
その他
グレガー・クレゲイン(通称:山)
スタニス・バラシオン
レンリー・バラシオン
ロラス
ベンジェン
ロブ・スターク 進軍中
シオン・グレイジョイ
キャトリン ロブ・スタークと合流
ロドリック・カッセル

感想

野人のオシャいわく、壁の向こうには巨人がいるらしい。ますます進撃の巨人みたいになってきましたね。壁ではホワイトウォーカーらしきものが襲ってきたりと、こっちはこっちで大変そうです。

また、前回ジョフリーが王になったことで、ネッド側がいきなりピンチになってしまいました。ダンスの師匠もやられちゃったっぽいです。相関図には書いてなかったけど好きなキャラだったのに…

王都も一気にラニスター家が牛耳ってきましたね。ジョフリー(サーセイ)に有利なように人員配置が行われています。王の盾、王の手もラニスター家で固めてきたところを見ると、今後しばらくこの状態が続きそうです。

個人的にはスターク家の方を応援しているので、ガンガン進撃していってほしいですね

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家