スマート家電リモコン

【Nature Remo miniレビュー】スマートスピーカー連携で家電操作を声できるスマートリモコン

  • スマート家電リモコンを探してる
  • Nature Remo miniで何ができる?
  • Nature Remoとの違いは?

そんな疑問を解決するべく、この記事ではNature Remo mini(Remo-2W1)のレビューをしていきたいと思います。

 

 

Nature RemoとNature Remo miniの違いは?

まずNature RemoとNature Remo miniの違いですが、ざっくり言うと「センサーの種類」が違います。

Nature Remoの方は「湿度・照度・人感センサー」が付いてます。その分Nature Remoの方が高いです。

それ以外は基本的に同じです。

 

具体的に下記の表にまとめました。

Nature Remo Nature Remo mini
GPS連携
曜日・時間起動
温度センサー
湿度センサー -
照度センサー -
人感センサー -

 

例えば、

  • 乾燥してきたら加湿器を起動する
  • 部屋が暗くなったら照明をつける
  • 部屋から出たらエアコンを切る

ということをしたい人は「Nature Remo」が必要です。

そこまではいいや、という方は「Nature Remo mini」で十分だと思います。

 

 

Nature Remo miniでできること

ざっくり言うと、次の3つのことができます。

 

  1. スマホから家電を操作できる
  2. スマートスピーカー連携で家電を操作できる
  3. 場所や時間、温度で自動化できる

 

Nature Remo miniを使えば家にある家電のリモコンを1つに集約できて、センサーで自動化も可能になります。

これでテレビやエアコン、照明などの家電操作が楽になりますね。

 

Nature Remo miniの初期設定方法

 

初期設定はざっくり次の流れで行います。

 

  1. アプリで本体の設定をする
  2. アプリに家電を登録する

 

本体の電源はUSBなので、コンセントと繋ぐためにプラグが必要です。スマホの充電で使っているプラグで代用可能なのですが、ない場合は用意しておきましょう。

 

アプリで本体の設定をする

 

まずはk「nature remo」と検索してアプリをインストールします。インストールが終わったら「アカウントを作る」をタップします。

 

メールアドレスと名前を入力して進みます。

 

 

「Remoをセットアップする」をタップして、次に「Nature Remo mini」をタップします。

 

 

位置情報を「Appの使用中は許可」にします。(場所をトリガーにした動作をさせたいなら許可にしておいた方がいいです。)次にRemo本体の電源を入れて「次へ」をタップします。

 

 

Remo本体と付属品のケーブルを繋いで、付属品のケーブルのUSBの方を用意しておいた電源プラグと接続します。あとはコンセントにさせば電源が入ります。

 

「Wifi設定」をタップします。スマホのWifi設定画面で「Remo-XXX」となっているネットワークを選びます。

 

 

パスワードに「natureremo」を入力して、「Remo-XXX」のネットワークに接続できていることを確認します。

 

 

Remoのアプリに戻ります。続いて家のWifiに接続します。

 

 

セットアップが始まります。このセットアップが終わったら設定完了です。

 

 

デバイスの名前は区別しやすい名前にしておけばOKです。

 

アプリに家電を登録する

本体の設定が完了したあと、その流れで家電を登録していきます。

 

画面右上の「+」をタップします。次に「新しい家電を追加する」をタップします。

 

 

例として今回はシャープのテレビを追加してみます。テレビをタップして、そのあとテレビのリモコンをRemo本体に向けて、適当にボタンを押します。(電源ボタンを押すのがいいと思います。)

 

 

アプリの画面に表示される電源ボタンをタップして、テレビのON/OFFができるか確認します。問題なければ「問題なく動いている」をタップします。

 

 

あとは登録する家電の情報を入力して完了です。これでアプリのホーム画面に家電が登録されます。

 

 

まとめ

というわけで「【Nature Remo miniレビュー】スマートスピーカー連携で家電操作を声できるスマートリモコン」でした。

 

-スマート家電リモコン

© 2020 しょうりん家