スマートプラグ

【Meross スマートプラグレビュー】遠隔操作可能なAC差し込み口 + USBポート付きのコンセント

2019年11月10日

 

この記事では、Meross スマートプラグ(MSS425)のレビューについて紹介していきます。

MerossのスマートプラグはAC差し込み口が4つ+USBポート4つのタイプや、AC差し込み口が1つのタイプもあります。

 

今回はAC差し込み口3つ+USBポート2つのこちらの商品をレビューしていきます。

スマートプラグ スマートコンセント 省エネ 家庭用電源リモートスイッチ 3つのAC電源+2つのUSBポート Alexa/Google Home/IFTTT対応 日本語説明書付き
meross

 

このプラグの特徴

  • ACコンセント差し込み口3つ+USBポート2つ
  • スマホで遠隔制御可能
  • タイマー設定可能
  • Amazon Alexa / Google Home / LINE Clova / IFTTTと連携可能

 

1口のスマートプラグも持っていますが、最低でも3口以上あってUSBポートも付いているプラグの方が便利だと思います。

ということでレビューしていきます。

 

関連記事 【活用法】スマートプラグの便利な使い方・できることを考えてみる

 

Meross スマートプラグの外観とスペック

スペック

差し込み口 ACコンセント3つ
USBポート2つ
コードの長さ 約180cm
電流最大値 10A
ワイヤレス通信方式 Wi-Fi 2.4GHz

 

スマートプラグなので差し込み口のON・OFFの制御も可能です。

 

USBポートは独立して制御できないですが、ACコンセントは3つそれぞれ独立して制御できます。

 

電源プラグのところが折り曲がるタイプなので、ここが地味に便利で嬉しいところ。

 

Meross スマートプラグの遠隔制御

 

差し込み口の電源のON・OFFはスマホで制御可能です。

 

スマホで制御する方法

次の流れで初期設定をしていきます。

スマホはiPhoneとAndroidに対応しています。

 

設定の流れ

  • スマホにMerossアプリをインストールする
  • Merossの新規登録を行う
  • Merossアプリとスマートプラグを連携させる

 

step
1
スマホにMerossアプリをインストールする

「メロス」か「Meross」で検索すると見つかります。

 

step
2
Merossの新規登録を行う

アプリを起動して「登録」をタップ。メールアドレスとパスワードを入力して「登録」をタップします。

 

 

「オンにする」をタップ。続いて「Appの使用中は許可」をタップします。

 

step
3
Merossとスマートプラグを連携させる

「今すぐインストール」をタップ。続いて「Smart Surge Protector」をタップします。

 

 

プラグの電源を入れて電源ボタンを押します。(緑色にゆっくり点滅します。1秒間に1回くらいの感覚です。)

 

 

「次へ」をタップ。Wifiのパスワードを入れて「確認」をタップします。

 

 

「Wifi設定に移動」をタップ。設定画面で「Wifi」をタップします。

 

 

「Meross_SW_XXXX」を選んで、接続されたことを確認します。

 

 

接続されるのを待って、デバイス名を変更します。

リビングで使うので今回は「リビング」という名前に変更しました。

 

 

アイコンを選択して「次へ」をタップ。Wifiのパスワードを入力して「次へ」をタップします。

 

 

接続が終わったら「完了」をタップすればOKです。

 

失敗した場合は状況に応じてもう一度やってみましょう。

 

 

あとはデバイス名をタップすればスマホからON・OFFできる画面に移動します。好きなプラグをタップしてON・OFFを変えられます。

 

Merossスマートプラグのタイマー・スケジュール設定

 

このスマートプラグでは、

 

  • 指定した時間に動作させる「スケジュール機能」
  • 指定した時間が経ったら動作する「タイマー機能」

 

があります。

 

スケジュール・タイマー機能の使い方

アプリを起動して、画面下の「スケジュール設定」を選びます。その後、画面右上の「+」をタップします。

 

 

あとは設定したい時間を設定すればタイマー機能を使うことができます。

 

 

Merossスマートプラグの音声制御

 

このスマートプラグは、

 

  • Amazon Alexa
  • Google Home
  • LINE Clova

 

と連携できます。なので声でON・OFFを制御できます。

 

Amazon Alexaとの連携方法

この設定は、Amazon Alexaの設定が終わっていることが前提です。

具体的な方法は次の記事にまとめてあるので、設定がまだの方はまずこちらを参考に。

 

関連記事 Amazon Echo(アマゾンエコー)の初期設定方法。画像付きで説明します。

 

Alexaアプリでスキルを検索します。「メロス」か「Meross 」と検索すれば出てきます。検索したら「有効にして使用する」をタップします。

 

 

Meross のアプリで登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「Authorize」をタップ。正常にリンクされたら「完了」をタップして終わります。

 

 

これでデバイスにスマートプラグ(の各コンセント)が追加されました。

 

あとは、

  • アレクサ、〇〇をつけて
  • アレクサ、〇〇を消して

で操作できるようになります。

 

〇〇の名前は最初は「Switch 1」とか「USB」だったりするので、後で呼びやすい名前に変えておくと便利です。

 

まとめ

 

ということで「【Meross スマートプラグレビュー】遠隔操作可能なAC差し込み口 + USBポート付きのコンセント」でした。

このプラグの特徴

  • ACコンセント差し込み口3つ+USBポート2つ
  • スマホで遠隔制御可能
  • タイマー設定可能
  • Amazon Alexa / Google Home / LINE Clova / IFTTTと連携可能

 

スマートプラグ スマートコンセント 省エネ 家庭用電源リモートスイッチ 3つのAC電源+2つのUSBポート Alexa/Google Home/IFTTT対応 日本語説明書付き
meross

 

関連記事 【活用法】スマートプラグの便利な使い方・できることを考えてみる

-スマートプラグ

© 2020 しょうりん家