スマートプラグを使いこなす

【LITSPED WiFi スマートプラグレビュー】AC差し込み口 + USBポート+Type-Cポート付きのコンセント

LITSPED WiFi スマートプラグの外観

 

この記事では、LITSPED WiFi スマートプラグ(NX-SP203)のレビューについて紹介していきます。

LITSPEDのスマートプラグはAC差し込み口が1つのタイプもあります。

 

今回は差し込み口が多いこちらの商品をレビューしていきます。

 

このプラグの特徴

  • ACコンセント差し込み口4つ+USBポート2つ+Type-Cポート1つ
  • スマホで遠隔制御可能
  • タイマー設定可能
  • Amazon Alexa / Google Home / IFTTTと連携可能

 

1口や2口のスマートプラグもありますが、4口でUSBも付いているプラグの方が便利だと思います。

ということでレビューしていきます。

 

関連記事 【活用法】スマートプラグの便利な使い方・できることを考えてみる

 

LITSPED スマートプラグの外観とスペック

LITSPED WiFi スマートプラグの外観

スペック

差し込み口 ACコンセント4つ
USBポート2つ
Type-Cポート1つ
コードの長さ 約170cm
電流最大値 10A
入力電圧 110-125V
出力電圧 110-125V
ワイヤレス通信方式 Wi-Fi 2.4GHz

 

スマートプラグなので差し込み口のON・OFFの制御も可能です。

 

USBポートは独立して制御できないですが、ACコンセントは4つそれぞれ独立して制御できます。

 

LITSPED スマートプラグの遠隔制御

 

差し込み口の電源のON・OFFはスマホで制御可能です。

 

スマホで制御する方法

次の流れで初期設定をしていきます。

スマホはiPhoneとAndroidに対応しています。

 

設定の流れ

  • スマホにsmart lifeアプリをインストールする
  • smart lifeの新規登録を行う
  • smart lifeとスマートプラグを連携させる

 

step
1
スマホにsmart lifeアプリをインストールする

「スマートライフ」か「smart life」で検索すると見つかります。

 

step
2
smart lifeの新規登録を行う

アプリを起動して「登録」をタップ。プライバシーポリシーを確認して「同意する」をタップします。

 

 

メールアドレスを入力して「照合コードの取得」をタップ。メールが来るので、メール内に書かれている認証コードを入力する。

 

 

パスワードを設定して「完了」をタップ。Bluetoothのところは「OK」をタップします。

 

 

位置情報は「Appの使用中は許可」をタップします。

 

step
3
smart lifeとスマートプラグを連携させる

「デバイスの追加」をタップ。画面上部の「自動スキャン」をタップします。

手動で追加するよりも自動スキャンの方が設定が楽です。

 

 

「Wifiを設定する」をタップ。Wifiのパスワードを入れて「確認」をタップします。

 

 

接続を待ったあと、「次へ」をタップします。

 

接続できない場合はスマートプラグ本体の電源が赤に点滅しているか確認してみてください。(点滅というか、もわーっと色が変わる感じになっていればOKです。)とりあえず青じゃなければ大丈夫です。

 

 

「完了」をタップして完了です。あとは対応するところをタップすればプラグのON・OFFを切り替えれます。

 

 

LITSPED スマートプラグのタイマー・スケジュール設定

 

このスマートプラグでは、

 

  • 指定した時間に動作させる「スケジュール機能」
  • 指定した時間が経ったら動作する「タイマー(カウントダウン)機能」

 

があります。

 

スケジュール機能の使い方

アプリを起動して、スマートプラグを選びます。その後、操作画面で「スケジュール」をタップします。

 

 

設定したい差し込み口(今回は4つ目のACプラグ)を選択。「追加」をタップします。

 

 

好きな時間を設定して「保存」をタップ。これでスケジュールが設定できます。

 

タイマー(カウントダウン)機能の使い方

「カウントダウン」をタップ。設定したい差し込み口(今回は4つ目のACプラグ)を選択します。

 

 

時間を設定して「確認する」をタップで完了です。

 

LITSPED スマートプラグの音声制御

 

このスマートプラグは、

 

  • Amazon Alexa
  • Google Home

 

と連携できます。なので声でON・OFFを制御できます。

 

Amazon Alexaとの連携方法

この設定は、Amazon Alexaの設定が終わっていることが前提です。

具体的な方法は次の記事にまとめてあるので、設定がまだの方はまずこちらを参考に。

 

関連記事 Amazon Echo(アマゾンエコー)の初期設定方法。画像付きで説明します。

 

Alexaアプリでスキルを検索します。「スマートライフ」か「smart life」と検索すれば出てきます。検索したら「有効にして使用する」をタップします。

 

 

スマートライフのアプリで登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「今すぐログイン」をタップ。続いて「許可する」をタップします。

 

 

「完了」をタップして設定完了です。デバイスにスマートプラグ(の各コンセント)が追加されました。

 

あとは、

  • アレクサ、〇〇をつけて
  • アレクサ、〇〇を消して

で操作できるようになります。

 

〇〇の名前は最初は「S1」とか「USB」だったりするので、後で呼びやすい名前に変えておくと便利です。

 

まとめ

LITSPED WiFi スマートプラグの外観

 

ということで「【LITSPED WiFi スマートプラグレビュー】AC差し込み口 + USBポート+Type-Cポート付きのコンセント」でした。

このプラグの特徴

  • ACコンセント差し込み口4つ+USBポート2つ+Type-Cポート1つ
  • スマホで遠隔制御可能
  • タイマー設定可能
  • Amazon Alexa / Google Home / IFTTTと連携可能

 

 

関連記事 【活用法】スマートプラグの便利な使い方・できることを考えてみる

-スマートプラグを使いこなす

Copyright© しょうりん家 , 2020 All Rights Reserved.