海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン2(全10話)の感想まとめ

2018年7月4日


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン2の第7話「義なき男」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン2 第7話「義なき男」終了時点での相関図

「ゲーム・オブ・スローンズ」全シーズンの相関図を1話ごとに紹介【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
ジョフリー
トメン
サーセイ・ラニスター
ティリオン・ラニスター
シェイ
ブロン
ランセル・ラニスター
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬)
サンサ・スターク 子供を産める体になる
ロス
ヴァリス
パイセル
ハレンの巨城
アリア・スターク タイウィンに高貴な生まれだと気づかれる
ジェンドリー
ジャクェン・フ=ガー
タイウィン・ラニスター アリアが高貴な生まれだと気づく
ピーター・ベイリッシュ
スタークの陣
ロブ・スターク
ジェイミー・ラニスター 脱走するが再び捕まる
ルース・ボルトン
ラムジー・スノウ
タリサ
キャトリン ジェイミーを「義なき男」と呼ぶ
ブライエニー
ウィンターフェル
ブラン・スターク ウィンターフェルから逃げ出す
リコン・スターク ウィンターフェルから逃げ出す
ルーウィン
ホーダー ウィンターフェルから逃げ出す
オシャ ウィンターフェルから逃げ出す
シオン・グレイジョイ ブランとリコンを探す
エイモン
アリザー・ソーン
壁の向こう側
ジョン・スノウ 野人に捕まる
イグリット
ジオー・モーモント
サムウェル・ターリー(サム)
クラスター
ジリ
マンス・レイダー
ベンジェン
ドラゴンストーン
スタニス・バラシオン
メリサンドル
ダヴォス
鉄(くろがね)諸島
ベイロン・グレイジョイ
ヤーラ・グレイジョイ
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン
双子城
ウォルダー・フレイ
狭い海の向こう側(クァース)
デナーリス ドラゴンを探す
ジョラー・モーモント
ザロ・ゾアン・ダクソス
その他
グレガー・クレゲイン(通称:山)
バリスタン・セルミー
ミアセラ
マージェリー・タイレル
ロラス・タイレル

感想

今回も全体的に少しずつストーリーが進んだ感じですね。

気になるアリアですが、タイウィンに高貴な生まれだとバレてしまったっぽいです。北部出身で高貴な生まれで、スターク家のアリアだとタイウィンに気づかれるとまずいですね。このままだと時間の問題な気がします。ジャクェン・フ=ガーへの最後のお願いとしてタイウィンを狙うのかな?と思ったり。

今回は何といっても最後のシーンが衝撃的でした。あれは結局、ブランとリコンなんですかね?もしそうなら、スターク家の人物がまた減ることになります。そうなると嫌だなぁ。

といってもまだ確定はしていないですし、何となく無事に逃げている気がするので、次回のストーリーで確認したいと思います。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家