海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン2(全10話)の感想まとめ

2018年7月4日


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン2の第5話「ハレンの巨城」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン2 第5話「ハレンの巨城」終了時点での相関図

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
ジョフリー
ミアセラ
トメン
サーセイ・ラニスター 火素を密かに蓄えている
ティリオン・ラニスター サーセイが火素を密かに蓄えていることを知る
シェイ
ブロン
ランセル・ラニスター ティリオンにサーセイの情報を教える
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬)
サンサ・スターク
ロス
ヴァリス
パイセル
ハレンの巨城
アリア・スターク タイウィンに北部出身だとバレる
ジェンドリー
ジャクェン・フ=ガー アリアに恩を返す
エイモリー・ローチ
タイウィン・ラニスター
スタークの陣
ロブ・スターク
ジェイミー・ラニスター
ルース・ボルトン
タリサ
ウィンターフェル
ブラン・スターク
リコン・スターク
ルーウィン
ホーダー
オシャ
ロドリック・カッセル
エイモン
アリザー・ソーン
壁の向こう側
ジョン・スノウ
ジオー・モーモント
サムウェル・ターリー(サム)
クラスター
ジリ
マンス・レイダー
ベンジェン
ドラゴンストーン
スタニス・バラシオン
メリサンドル 生んだ何かがレンリーを殺す
ダヴォス
ストームランド
レンリー・バラシオン メリサンドルが生んだ何かによって殺される
マージェリー・タイレル
ロラス・タイレル
ピーター・ベイリッシュ
鉄(くろがね)諸島
ベイロン・グレイジョイ
シオン・グレイジョイ 北部を攻めようと計画する
ヤーラ・グレイジョイ
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン
双子城
ウォルダー・フレイ
狭い海の向こう側(クァース)
デナーリス
ジョラー・モーモント
ザロ・ゾアン・ダクソス デナーリスに結婚を申し出る
その他
グレガー・クレゲイン(通称:山)
バリスタン・セルミー
キャトリン
ブライエニー キャトリンに忠誠を誓う

感想

まず前回の最後に生まれた何かによって、レンリーが殺されてしまいました。呪い的な何かな感じはしますが、そんなことをするくらいなら王都を攻めればいいのにって思っちゃいます。レンリーはスターク家に協力してくれそうな感じだったので、やられちゃってちょっと残念。キャトリンとブライエニーは疑いをかけられて逃亡生活が始まる、といった流れですね。キャトリンはいろんなところに移動してる印象があります。

今回は全体的にちょっとずつ話が進みました。ちょっと怖いのがシオンのところです。ロブを裏切ったのは最悪良いとしても、北部を攻めちゃうのはまずそうです。どうせ攻めるなら王都に行こうよー。そんなことをしている間にも、サーセイは着々と迎撃の準備を進めちゃってるんだから。

あとアリアに強い仲間?ができましたね。ジャクェン・フ=ガーはかなりの強キャラっぽい。個人的にアリアは味方に恵まれているし、強くなっていって欲しいと思っているので、ここからスターク家の反撃を見せてほしいですね。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家