スマートスイッチ(SwitchBot)

SwitchBot開閉センサーレビュー|ドアや窓の開閉を感知して自動化できるデバイス

この記事のまとめ

SwitchBotの新製品「SwitchBot開閉センサー」。この製品のレビューをしています。

今までなかったドアや窓の開閉が分かるセンサーで、SwitchBotシリーズの製品と組み合わせることで色々な使い方も可能です。

記事の中で具体的にどんなことができるのか?についても紹介していますので、参考にしてみてください。

こんにちは、スマートホーム化にハマっているしょうりん(@shorin_1234)です。

今回紹介するのはSwitchBotの開閉センサー!

ドアや窓の開閉状況をを確認することができます。

単体だと使い道はそんなにありませんが、他のSwitchBot製品と連携させることで可能性が広がります。

例えば、こんな感じにSwitchBotと連携させて「部屋を出たら電気を消す」ということも可能です。

開閉をトリガーにしたらいろいろとできそう!

ということで、この記事では「SwitchBot開閉センサー」のレビューをしていきます。

本記事はSwitchBot様より製品をご提供いただき作成しております。

SwitchBot開閉センサーの概要

SwitchBot開閉センサーはSwitchBot社が開発しているスマートデバイスです。

製品名SwitchBot開閉センサー
本体サイズ70.5mm × 25.5mm × 23mm
本体重量43g
磁石サイズ35mm × 12mm × 12.5mm
磁石重量13g
電池単4電池×2
作動温度-10~60℃
作動湿度20~85%RH
最大検知距離5m
最大感知角度水平方向90°、垂直方向55°

大きさは70.5mm × 25.5mm × 23mmの手のひらサイズ。

小さいのでドアや窓にさりげなく設置できます。

本体の前面にはモーションセンサー/追加・リセットボタンと光センサー/表示ランプがあります。

そして裏面には、両面テープが取り付けられています。

これをスライドさせると単4電池が入れられるようになっています。

付属品は次のとおりです。

付属品

  • 磁石(裏に両面テープ付き)
  • 単4電池×2
  • 取付ネジ
  • 開閉センサー用両面テープ
  • 磁石用両面テープ
  • 取扱説明書

SwitchBot開閉センサーのレビュー

SwitchBot開閉センサーの特徴を紹介していきます。

開閉センサーの特徴

  • 設置が簡単
  • 多彩な検知機能
  • 自動化が簡単

設置が簡単

SwitchBot開閉センサーはドアや窓などに設置することができます。

設置も簡単です。

本体と磁石の裏に両面テープがついているので、これを剥がして貼るだけです。

本体はドア側、磁石はドアの枠に貼り付けます。

本体の上下を逆に取り付けるとうまくいかないので注意です。

設置は一瞬で終わります。

多彩な検知機能

SwitchBot開閉センサーにはいろいろな検知機能が備わっています。

開閉センサーだけだと思ってました。。

  • 開閉センサー
  • 動体検知
  • 明るさ/暗さ検知

開閉センサー

ドアや窓の開け閉めに反応するセンサーです。

開閉はスマホで確認することができます。

動体検知

開閉センサーは動体検知をすることも可能です。

履歴を見るとちゃんと検知していることがわかります。

明るさ/暗さ検知

開閉センサーには光センサーがついているので、明るさ/暗さを判別することも可能です。

スマホ画面で確認できて、「明るい」「暗い」と表示されるようになっています。

自動化が簡単

開閉センサーをトリガーにして自動化する設定も簡単です。

開閉センサーの検知内容をトリガーにして、対応するアクションを設定していけばいいだけです。

条件として設定できるトリガーも複数あり、細かく設定できるようになっています。

アクション部分はSwitchBotの押すという動作を設定可能です。

実際に「開閉ドアが開いたらSwitchBotを押す」というオートメーションを作ってみました。

部屋を出たらSwitchBotが部屋の電気を自動的に消すような動作になっています。

こんなのも簡単に設定できちゃいます。

SwitchBot開閉センサーの利用シーン

「結局どんな使い方ができるかわからない!」

ということで、SwitchBot開閉センサーの利用シーンを紹介します。

開閉センサーの利用シーン

  • 部屋を出たら電気を消す
  • 窓を閉めたらカーテンを閉める
  • 家に着いたら見守りカメラをOFFにする

部屋を出たら電気を消す

これは先ほど紹介したものですね。

ドアを開けたことを検知して、SwitchBotがボタンを押すという動作で実現しています。

ラグもほとんどなく、スムーズに動作してくれました。

  • SwitchBot開閉センサー
  • SwitchBot

窓を閉めたらカーテンを閉める

開閉センサーをトリガーとして、SwitchBotカーテンと連携させることも可能です。

SwitchBot Hub Miniがなくてもそれぞれの製品があればOK。

窓が閉まったらカーテンを閉めるというオートメーションで実現できます。

設定も簡単にできました。

  • SwitchBot開閉センサー
  • SwitchBotカーテン

家に着いたら見守りカメラをOFFにする

SwitchBot見守りカメラは、動作を検知してくれるカメラでもあります。

外出先ではカメラが監視の役割を果たしてくれるのでいいですが、家にいるときは不要ですよね。

それを実現するために、家に帰ったら見守りカメラをOFFにします。

ドアが開いたことを検知して、

カメラをOFFにする(プライバシーモードにする)

  • SwitchBot見守りカメラ
  • SwitchBot Hub Mini
  • SwitchBot開閉センサー

SwitchBot開閉センサーレビューまとめ

ということで、SwitchBot開閉センサーのレビューでした。

開閉センサーの特徴

  • 設置が簡単
  • 多彩な検知機能
  • 自動化が簡単

主にトリガーとして使うデバイスですが、使い方次第でかなり便利になりそうです。

SwitchBot製品自体の種類も増えてきているのでアイデア次第ですね。

他にも組み合わせできそう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

-スマートスイッチ(SwitchBot)