日常生活の小ネタ

【口コミ】目覚ましカーテンmornin’ plusを使ってカーテンを自動開閉できるようにしてみた

2019年9月14日

 

  • 太陽の光を浴びて起きたい
  • カーテンを開け閉めするのがめんどくさい
  • (一応防犯のためにも)

 

という理由で、目覚ましカーテン「mornin’ plus(モーニンプラス)」を買いました。

 

この記事ではそんなmornin’ plusのレビューを書いていきたいと思います。

 

紹介するのは2017年度モデルの「mornin'」ではなく2018年度モデルの「mornin’ plus」の方です。

mornin’ plus(MN-C02) mornin'(MN-C01)
2018年度モデル 2017年度モデル

 

mornin plusでできること

主に次の3つのことが可能です。

 

  • タイマーで自動開け閉め
  • リモコン機能でスマホから開け閉め
  • 本体を付けた後も手動で開け閉めできる

 

 

使ってみたレビュー

朝、スッキリした気分で起きれる

自分でいちいち開けなくてもいいのがめちゃくちゃ便利でした。

起きる少し前の時間にカーテンを開けるようにしておいて、太陽の光とともに起きれるのが嬉しい。

スッキリした気分で起きれるのがいいなと思いました。

 

モーター音はうるさいけど小さくできる

モーニンプラスは、本体から出てくるタイヤが回ってカーテンレールの上を進んでいきます。

それでカーテンの自動開閉ができるようになっています。

 

そうすると、どうしてもモーター音がうるさくなってしまうんですよね。

特にうるさいのが、タイヤをカーテンレールに付ける時のモーター音。

 

でもこれは、タイヤの昇降スピードを落とせば音を小さくできます。

最初の設定では「6」になっているので、これを「0.1」まで下げればOKです。

 

スピードを下げるとカーテンを開ける時間が長くなってしまいますが、開けるときは自分は寝ているので特に影響はないかと。

 

左右に開ける場合は2つ必要

カーテンを開けるときに、窓の真ん中から左右に開くタイプだと本体が2つ必要です。

これは買ってから気づきました。。

 

実際のところ、自分はカーテンは半分しか開けてなかったので影響なしでしたが。

 

カーテンを全開にしたい方は注意しておいた方がいいですよ。

 

レールが対応しているか確認しておいた方がいい

カーテンレールに本体を取り付けられないと話にならないです。

私の場合は特に問題なく使えましたが、事前に対応レールを調べておいた方がいいです。

 

公式HPに寸法が書いてあります。

参考 対応カーテンレール|mornin’ plus

 

取り付ける部分はT字になっているので、この形に引っかかるカーテンレールであれば大丈夫です。

 

本体は割と小さい

ごつい機器なのかなと思ってましたが、割と小さかったです。

 

スマホ(iPhone7)のケースと比べて少し小さいくらい。

 

このくらいの大きさだったので片手で設置できました。

 

mornin’ plusを設置する方法

 

次の手順で設置していきます。

 

  • アプリの設定をする
  • 本体を取り付ける
  • 動作確認をする

 

アプリの設定をする



「目覚ましカーテン」で検索してインストール。規約に同意して進む。

 

 



「使い始める」をタップ。次に「新しい本体を接続」をタップ。

 

 



「mornin'+」をタップ。「次へ」をタップして進む。

 

 



本体の電池の絶縁シートを取る。

 

 



本体の裏をスライドさせると電池カバーが開きます。

 



絶縁シートを取ると右下の部分が光ります。

 



自動で接続されます。

 

 



接続が終わったら本体の電池カバーを元に戻します。

 

 

本体を設置する

続いて本体をカーテンレールに取り付けます。

基本的にはスマホの設定画面を見ながら進めていきます。

 



開閉したいカーテンを選ぶ。

 

 



カーテンの端のフックを外す。次に本体側面のスイッチを押してアームが回転することを確認する。

 

 



通常は下の画像のようになっていますが、本体側面のスイッチを押すと90度回転します。

 



本体側面のスイッチを押したままカーテンレールに取り付けて、スイッチを離します。そうすることで設置できます。

 

 



本体を取り付けたら↓のような感じになります。

 



カーテンフックを元に戻して完了です。

 

 

動作確認をする

続いて動作確認を行なっていきます。

こちらもアプリの画面を見ながら進めていきます。

 



自動でカーテンを開けるテストが始まります。

 



うまく開かない場合はヘルプを参考に。

 

 



これで設定は完了です。

 

 

 



細かい動作はいつでも設定変更可能です。

 

 

 

mornin’ plusの使い方

使い方は大きく次の2パターンです。

 

  • タイマーの設定をして使う
  • リモコン機能でスマホから操作して使う

 

タイマーの設定をして使う



カーテンを開閉したい時間、繰り返しの設定ができます。

 



カーテンを開ける時間、閉める時間の2パターンをまずは登録しておけばOKです。

 

 

リモコン機能でスマホから操作して使う

アプリを起動して使います。

 

アプリメニューの「リモコン」から操作できます。

 

 

まとめ

というわけで「【口コミ】目覚ましカーテンmornin’ plusを使ってカーテンを自動開閉できるようにしてみた」でした。

 

  • 太陽の光を浴びて起きたい
  • カーテンを開け閉めするのがめんどくさい
  • (一応防犯のためにも)

 

このような方にはおすすめだと思います。

参考になれば幸いです。

-日常生活の小ネタ

© 2020 しょうりん家