海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン3(全10話)の感想まとめ

2018年7月8日


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン3の第5話「炎の口づけ」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン3 第5話「炎の口づけ」終了時点での相関図

「ゲーム・オブ・スローンズ」全シーズンの相関図を1話ごとに紹介【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
ジョフリー
マージェリー・タイレル
レディ・オレナ
トメン
タイウィン・ラニスター サーセイとロラス、ティリオンとサンサを結婚させようとする
サーセイ・ラニスター ベイリッシュにタイレル家の追放を依頼する
ティリオン・ラニスター
ポドリック・ペイン
シェイ
ブロン
ランセル・ラニスター
サンサ・スターク ロラスと結婚したい
ロス
ピーター・ベイリッシュ
ヴァリス
パイセル
ロラス・タイレル
リヴァーラン
ロブ・スターク 身内の復讐のためにラニスター家の捕虜を殺した、スターク家旗手のリカード・カースタークを処刑する
タリサ
キャトリン
エドミュア
ブリンデン
ウィンターフェル(北部)
シオン・グレイジョイ
ラムジー・スノウ
エイモン
アリザー・ソーン
壁に向かう一行
ブラン・スターク
リコン・スターク
オシャ
ホーダー
ジョジェン・リード
ミーラ
旗印のない兄弟団の隠れ家
アリア・スターク
ジェンドリー
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬)"ハウンド" 決闘裁判にて無実になる
ミアのソロス ドンダリオンを蘇らせる
ベリック・ドンダリオン 決闘裁判にてハウンドに敗れる
壁の向こう側
ジョン・スノウ イグリットといい感じ
マンス・レイダー
トアマンド
イグリット ジョン・スノウといい感じ
鎧骨公
サムウェル・ターリー(サム)
ジリ
ベンジェン
ハレンの巨城
ルース・ボルトン 部下が捕えたジェイミー・ラニスターを連れてくる
ジェイミー・ラニスター クァイバーンに腕を治療してもらう
ブライエニー
クァイバーン ジェイミーの腕を治療する
ドラゴンストーン
スタニス・バラシオン
メリサンドル
ダヴォス
セリース スタニスの妻
シリーン スタニスの娘
鉄(くろがね)諸島
ベイロン・グレイジョイ
ヤーラ・グレイジョイ
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン
双子城
ウォルダー・フレイ
狭い海の向こう側
デナーリス
ジョラー・モーモント
バリスタン・セルミー
ミッサンディ
グレイ・ワーム 穢れなき軍団の指揮官
その他
ミアセラ
ジャクェン・フ=ガー
グレガー・クレゲイン(通称:山)

感想

前回に引き続き、王都ではサンサをめぐっての攻防が続いています。

サンサはロラスと結婚したい!ってなってるっぽいですが、それはタイレル家にとって都合が良い流れなので、周りはそうさせたくないようです。最終的にタイウィンがサーセイをロラス、ティリオンをサンサと結婚させようと計画しているところで終わりましたね。今はラニスター家のほうが権力を持っているので、それを使ってゴリ押ししようとしてます。

サンサはもう、王都から脱出したほうがいいんじゃないかなぁ。

あとはハウンドとベリックの決闘裁判がありました。蘇るとかすごすぎですね。特殊能力?がある人も増えてきて、だんだんと何でもアリの世界になってきた感じです。ドラゴンやホワイトウォーカーがいる時点ですごいですが。

ロブはだんだんと孤立していってますね。最初はいい感じに戦っていたのですが、最近は部下からの信頼が下がっているので少し心配です。ウォルダー・フレイと同盟を結ぶつもりでいますが、結婚の約束を破ってタリサと結婚してしまっているし、先が思いやられます。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家