スマートタグを使いこなす

【Tile Stickerレビュー】貼って使える。探し物を音で見つけられるスマートトラッカー

今回はTile Sticker(タイルスティッカー)について紹介していきます。

手のひらサイズの小さなタグですが、これをつけておけば探し物を見つけるときに便利です。

 

よく物をなくす人にはおすすめのガジェットです。

 

Tile Stickerの特徴

  • 探し物を音で見つけられる
  • Tileからスマホの音を鳴らすことも可能
  • 最後に検知した場所を記録しておける
  • 他のTileユーザーが落し物の近くを通ったら位置を通知してくれる
  • スマートスピーカーからも操作可能
  • 手のひらに収まる小さいサイズ

 

 

Tileシリーズの中でも最小サイズで、比較しても小ささがわかります。

 

忘れ物防止のための「スマートタグ」おすすめ3選

続きを見る

 

Tile Mateの初期設定

 

Tile Stickerの使い方はざっくり次の通りです。

 

簡単な流れ

  • Tileのアプリをインストールする
  • Tileのアプリ設定を完了させる
  • Tileを無くしたくない小物につける

 

詳しく説明していきます。

 

Tileのアプリを検索して、インストールします。

 

 

「Tile」を選択し、「Sticker」を選択します。

 

 

メールアドレスとパスワードを入力して新規登録します。その後、登録したメールアドレスに送られてくる確認コードを入力します。

 

 

Tile Sticker本体のロゴを押してTileを起動します。

 

 

「次へ」をタップします。次にTile Stickerをつける予定の物を選びます。

 

 

これで設定は完了です。「探す」をタップすればTile Stickerが鳴ります。

 

 

ちなみに本体のボタンを2回押すと、スマホの音を鳴らすこともできます。

 

Tile Stickerのシール貼り付けについて

Tile Stickerは裏面にシールが付いているので貼り付けも可能です。貼り付けする時は、すぐに取れないようにしっかり貼り付けておきましょう。

 

ちなみにTile StickerはTile Mateよりも小さいですが、厚みはTile Stickerの方があります。

本体のサイズが小さくても、厚みがあって引っかかりやすいので個人的には微妙かなと思います。貼り付けて使うよりも、財布に入れたりして使うのがいいのかなと思います。

 

まとめ

というわけで「【Tile Stickerレビュー】貼って使える。探し物を音で見つけられるスマートトラッカー」でした。

Tileはコンパクトなので、旅行先に持っていくにも便利ですね。

 

 

忘れ物防止のための「スマートタグ」おすすめ3選

続きを見る

-スマートタグを使いこなす

Copyright© しょうりん家 , 2020 All Rights Reserved.