11/26(金)9:00~ Amazonブラックフライデー開催中!

「ハンナ ~殺人兵器になった少女~」シーズン1(全8話)のあらすじと感想

目次

 

「ハンナ ~殺人兵器になった少女~」シーズン1第3話のあらすじと感想です。

 




 

ハンナの感想まとめ

『ハンナ』シーズン1第3話 あらすじ

ハンナとエリックはベルリンで再会し、エリックの昔の仲間のもとに身を寄せる。そこでハンナはエリックの過去についてさらに知ることとなる。そしてソフィーと一緒に垣間見た普通の生活を切望し続け、エリックが課してくる制限にますますイライラするようになる。 一方エリックは仲間たちとともに近づいてくるマリッサへの攻撃準備を開始する。

 

『ハンナ』シーズン1第3話 感想

あっさりと再会

割と簡単に父親と再会できましたね。

死別してしまわないかヒヤヒヤしてたから、無事に出会えてホッとしました。

それにエリックはさすがといった感じ。ハンナもすごいけど、技術を教えたエリックの方もやっぱりすごいですね。

 

展開が早くていい感じ

父親と別れてから再開するまでの展開が早くていい感じ。他の海外ドラマだったらあと倍くらいの話数かかったりしそう。ハンナも捕まってから刑務所みたいなところに収容されたりもしてますし。

展開が早い分、設定に追いつけないところもあるけど、これくらいがちょうどいいかも。

 

エリックとハンナは親子じゃなさそう

過去シーンを見る感じ、親子じゃなさそうですね。

シングルマザーの子供を狙って、諜報員として育てるプロジェクトみたいなものがあったように見えたけど。

それで結局、ハンナの母親に頼まれて連れ出したとか、そういう展開につながっていったのかな。

 




 

ハンナの感想まとめ

1 2 3 4 5 6 7 8
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる