11/26(金)9:00~ Amazonブラックフライデー開催中!

「ハンナ ~殺人兵器になった少女~」シーズン1(全8話)のあらすじと感想

目次

 

「ハンナ ~殺人兵器になった少女~」シーズン1第2話のあらすじと感想です。

 




 

ハンナの感想まとめ

『ハンナ』シーズン1第2話 あらすじ

ハンナは、マリッサの部下に捕らえられるが、モロッコのCIA施設から脱出する。エリックと合流するためにベルリンに向かう途中、イギリス人の少女ソフィーと出会う。ソフィーは家族と一緒に旅行中で、ハンナに実世界と思春期のスリルを教えてくれる。ただそこにもマリッサと手下の脅威は迫っていた。

 

『ハンナ』シーズン1第2話 感想

浦島太郎状態

森の中でずっと暮らしてたから見るものほとんどが未知のものみたい。

確かに初めてシャワーを見たら怖いかも。何が出てくるかも分からないし。

 

早速復讐果たしちゃった?

母親の仇を取っちゃいましたね。なんかあっけなかったような。

でも裏にいる組織の人物は他にまだたくさんいるみたいですし、まだ終わりではなさそう。んーでもあとは追われるだけで、見てる側としては目的が無くなっちゃった気が。。あ、偽物かな?

それにしてもハンナ強いですね。よく脱出できたなって思います。

 

この家族とはこれっきりなのかな?

ハンナを運んでくれたモロッコ旅行中の家族たち。彼らとの接点はこれで終わりかな?

でもなんとなく父親か母親のどちらかは裏の顔がありそうな気がするんだよなぁ。モロッコに家族で1ヶ月くらい旅行するってなかなか無いだろうし。

結局、ソフィーと仲良くなったから長い付き合いになりそうですね。

 

ハンナってすごい能力を持ってるけど

ソフィーにはよく見つかってますよね。

最初の出会いもそうだし、フェリーの上でもそうだし、万引きしているところも見られてるし。

ソフィーに対しては油断してるのかな?

 




 

ハンナの感想まとめ

1 2 3 4 5 6 7 8
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる