海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:最終章シーズン8(全6話)の感想まとめ

2019年5月20日


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン8の第2話「七王国の騎士」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン8 第2話「七王国の騎士」終了時点での相関図

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」全シーズンの相関図を1話ごとに紹介【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
サーセイ・ラニスター
クァイバーン
グレガー・クレゲイン(通称:マウンテン)
ユーロン・グレイジョイ
エラリア・サンド
ブロン
ウィンターフェル
サンサ・スターク
ブライエニー 騎士になる
ブラン・スターク
アリア・スターク
サムウェル・ターリー(サム)
ジリ
ジョン・スノウ デナーリスに真実を話す
デナーリス
ティリオン・ラニスター
ミッサンディ
ヴァリス
グレイ・ワーム
サンダー・クレゲイン(ハウンド)
ジェンドリー
ジョラー・モーモント
ジェイミー・ラニスター
トアマンド
ベリック・ドンダリオン
ダヴォス
シオン・グレイジョイ ウィンターフェルに到着する
ドラゴンストーン
メリサンドル
その他
ヤーラ・グレイジョイ

 

シーズン8の第2話の感想

ジェイミー良かったね

信用されないかと思ったけどなんとか受け入れてもらえた。

本当に信用できるかは疑問だけど、まぁ今のジェイミーならしばらくは大丈夫だと思う。

それにしても、ウィンターフェルに続々とキーパーソンが集まってきて面白くなってきましたね。

 

ブランとジェイミーのツーショットだ

これはかなり珍しい。シーズン1の第1話を思い出します。

お互いに壮絶な経験をしてきて、ラストシーズンでこうやって話をしているところを見ると、グッと来るものがあります。

当時はジェイミーをかなり恨んだけどね。

いよいよラストシーズンだなぁって感じがしますよね。

 

サンサとデナーリスが和解した

と思ったら若干こじれましたね。

しかも怖いのが、ジョンの出生のことですよね。

鉄の玉座に着くのがデナーリスの意思だけど、ジョンの方が正当後継者っぽいですもんね。

そうなったまた揉めそう。

ジョンはどうせ鉄の玉座には座りたがらないんだろうけど。でも周りがそれを許さないよね。

 

続々と揃ってきた

トアマンド、ベリック・ドンダリオン、次々と集まってきましたね。

そしてシオン。シオンともいろいろありましたよね。

こうやってみんなが再会するシーンは何度見てもいいな。

 

ラストシーズン最高かよ

みんなそれぞれの夜を過ごしてるシーン。

今までの敵が集まって話しているところとかもうニヤけてしまう。

それにブライエニーが騎士になるところとか、もう泣ける。

全部のシーンが名シーンで、ここまで見てきて良かったって思う。まだ2話目だけど。

 

ジョンもデナーリスに真実を打ち明けました。

さぁ、そして次はいよいよホワイトウォーカーと夜の王との戦が始まります!

序盤のクライマックスだ!

 

次のエピソードも楽しみです。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

-海外ドラマ