日常生活の小ネタ

【レビュー】光目覚まし時計「YABAE」を使ってみた。けっこういいかも。

 

  • 普通の目覚まし時計はびっくりして嫌だ
  • ゆったりと起きて優雅な朝を迎えたい

 

そんな理由で光目覚まし時計を買いました。

 

買ったのは、「YABAE」の光目覚まし。

 

Amazon での評価も高かったのと、コスパも良さそうだったのでこれにしました。

モノによっては3万くらいしますからね。

 

今回はこの光目覚まし時計のレビューをしていきたいと思います。

 

大きさは一般の目覚まし時計くらい

大きさは通常の目覚まし時計くらいです。

 

スマホケース(iPhone7)で比較すると少し大きいくらい。

 

そんなに場所も取らないです。

 

設定は簡単

 

特に難しいところはありませんでした。

 

  1. 本体に支柱を取り付ける
  2. コンセントと本体を繋げる
  3. 時間を合わせる

 

これで設定は完了です。

 

光でちゃんと起きれる?

これは人それぞれですが、私の場合は問題なく起きれました。

 

明るさは調整できるのですが、これが一番暗い状態です。

 

この明るさだと正直起きれる気がしませんよね。。

 

でも明るさを最大にするとけっこう明るいです。

 

直視するときは目を細めないときついくらいの明るさです。

 

どんな光がある?

通常の色でない色を設定することが可能でした。

 

水色だとこんな感じ。

 

緑色だとこんな感じ。

 

赤色だとこんな感じ。

 

他にも色があるので、気分によって使い分けられるのがよかったです。

 

ラジオや快眠音楽も聴ける

ラジオが聴ける機能と、快眠音楽を流す機能もあります。

 

音がないと寝れなくてもこの機能があれば大丈夫ですね。

自分は無音派なのでこの機能は使わないんですけどね。

 

さすが多機能目覚まし、といった感じ。

 

最初は光+音で起きるのがいいかも

これまで音で起きていたのにいきなり光にすると起きれない可能性が大です。

この光目覚まし時計は音の設定も可能なので、最初は音+光で起きるようにした方がいいと思います。

 

慣れてきたらだんだん光だけに移行していく感じで。

保険で音を少し後の時間に設定しておくのもアリ。

 

大昔のことを考えたら、光で起きるのが普通ですもんね。

音で起きるときって、外敵が襲って来たときとか緊急事態のときですもんね。

光で起きる方が健全なのかなーと思っちゃいます。

とりあえず音で起きるのに慣れてしまった体を徐々に光に慣らしていきたいと思います。

-日常生活の小ネタ

© 2020 しょうりん家