海外ドラマ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン6(全10話)の感想まとめ

2018年7月16日

ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン6の第2話「故郷」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン6 第2話「故郷」終了時点での相関図

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
トメン
サーセイ・ラニスター
マージェリー・タイレル
ロラス・タイレル
レディ・オレナ
雀聖下
ランセル・ラニスター
パイセル
クァイバーン
グレガー・クレゲイン(通称:マウンテン)
ピーター・ベイリッシュ
ナイメリア
オバラ
ジェイミー・ラニスター
ブロン
壁の向こう側
ベンジェン
壁の北
ブラン・スターク
ミーラ
ホーダー
壁"黒の城"
ジョン・スノウ メリサンドルによって蘇生する
アリザー・ソーン
トアマンド
ダヴォス
メリサンドル ジョン・スノウを蘇生する
ラスト・ハースへ向かう一行
リコン・スターク
オシャ
ウィンターフェル
ラムジー・スノウ 跡継ぎの地位が揺らいだためルース・ボルトンを殺す
ルース・ボルトン ラムジーに殺される
鉄(くろがね)諸島
ベイロン・グレイジョイ ユーロンに殺される
ヤーラ・グレイジョイ
ユーロン・グレイジョイ ベイロンの弟。ベイロンを殺す
ロビン
谷の周辺
ポドリック・ペイン
ブライエニー
サンサ・スターク
シオン・グレイジョイ
双子城
ウォルダー・フレイ
エドミュア
リヴァーラン
ブリンデン
旗印のない兄弟団
ミアのソロス
ベリック・ドンダリオン
ドーン
エラリア・サンド
タイエニー
狭い海の向こう側(ミーリーンとその周辺)
デナーリス
ミッサンディ
グレイ・ワーム
ダーリオ・ナハーリス
ティリオン・ラニスター
ジョラー・モーモント
ヴァリス
ブレーヴォス
アリア・スターク
ジャクェン・フ=ガー
その他
サムウェル・ターリー(サム)
ジリ

感想

ジョン・スノウが蘇生した!

今回はこれに尽きますね。ミアのソロスなど蘇生させる力を持っている人はすでに登場していたので、生き返る可能性は十分にありました。これでしばらくジョン・スノウは死なないんじゃないかな。これでアリザー・ソーンの立場がかなり危うくなりそうですね。

あとはラムジーが父親のルース・ボルトンを殺しました。ラムジーは結構な悪役に育ってきましたね。サンサを狙っているので、これから壁のジョン・スノウたちとの戦いが始まるんでしょうか。

しばらく動きが全くなかった鉄(くろがね)諸島でも動きがありました。ベイロンが弟に殺されるとは。確かメリサンドルがかなり昔に呪った相手が、ロブ・スターク、ジョフリー・バラシオン、ベイロン・グレイジョイだったので、これですべての相手を(間接的に)呪い殺したことになります。怖いですね。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が全シーズン見れる動画配信サービスまとめ

続きを見る

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2021 しょうりん家