海外ドラマ

『デイ・アフターZ』シーズン3全12話のあらすじと感想

2018年12月31日

海外ドラマ「デイ・アフターZ」のシーズン3第9話の感想です。

ミーチャ、サーシャ、それにブレージックも隔離区域に行きそうな感じですね。ナージャ大丈夫かな?

というわけで早速みていきたいと思います。

『デイ・アフターZ』シーズン3第9話 あらすじ

ラピーダの手引きで、ミーチャ達は隔離区域に潜入し、ナージャを探す。一方捜査で研究所に訪れたアンドレイはロボダと再会する。抗ウイルス薬の研究を進めるロボダは、さらに暴走し…。

 

『デイ・アフターZ』シーズン3第9話 感想

インガって吸入器使ってたっけ?

シーズン2くらいまではそんなシーンがなかったですけど、最近は吸入器みたいなものを使ってるシーンが度々ありますね。

喘息とかそういうことなのかな?

新しくできた設定っぽいから、今後この伏線を回収する場面が出て来そうですね。

怖いのはロボダがワクチンの実験の対象にしそうってところかな。

 

ラピーダ久しぶりっすね

ヴァレーラのとき以来かな。

ゾンビ狩りをして楽しむっていう、たちの悪い趣味を持ってる人ですね。

でも隔離区域の中に入るためには利用できる人物かなと思います。

これで問題なくナージャを助けにいけそうです。

 

なるほどそういうことか

お腹の子供に危険が迫っているときに人を操れるんですね。

確かに前回の研究所のときはお腹の子供が危なかったですし、これは納得。

母の力ってやつですね。

ただそうなると出産後はこの力を使うことはできないってことですね。

 

クリスチーナどういうこと?

なんであのゾンビを撃たなかったのかな?

最初はゾンビにビビって足がすくんだのかなと思いましたが、知り合いとかだったのかな?って思いました。

それか実はクリスチーナもゾンビに関係する何かの能力があるとか??

 

、、結局怖くて動けなかったってのが原因だったみたいですね。

でもゾンビはなんでクリスチーナを避けたんだろう?って疑問は残ります。

たまたまだったのか、それとも元恋人だったとか。ゾンビの発する何かをまとってるのかな?

 

ロボダやっとですね

やっと抗ウイルス研究の成果が出ましたね。

これは大きな成果だと思う。

まぁでもあれだけの犠牲を出してるんだから成果を出してもらわないと困りますよね。

ドヤ顔で「どうです?インガさん?」みたいなこと言ってたけど。どんだけミスってんだよ、って言いたくなりますわ。

 

ほんでついにインガのゾンビ化キタ!

吸入器のところからなる気がしてたけど、本当になってしまうとは。

自我が強そうだからナージャと並ぶ力を持ってそう。

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2020 しょうりん家