海外ドラマ

『デイ・アフターZ』シーズン3全12話のあらすじと感想

2018年12月31日

海外ドラマ「デイ・アフターZ」のシーズン3第6話の感想です。

サーシャのパソコンが壊されちゃったし、ナージャたちの暮らしも危うくなってきましたね。

というわけで感想です。

『デイ・アフターZ』シーズン3第6話 あらすじ

ミーチャとナージャが身を寄せる村では、ゾンビの捜索が日々エスカレートしていく。クリスチーナは、大ケガを負ったサーシャを献身的に看病する。一方隔離区域の中でゾンビ狩りを楽しむラピーダ達に遭遇したヴァレーラは…。

 

『デイ・アフターZ』シーズン3第6話 感想

仲間割れが始まっちゃった

ナージャの行動が原因で危険に晒されちゃいましたからね。

でもナージャの行動は人間としては正しかったと思う。

それを責めることはできないよなぁ。

起こったことはしょうがないので、これからどうやって対処して行くかを考えるしかないよね。

 

精鋭部隊みたいな人たちは何?

隔離区域に入って行った3人組は何者なんでしょうね?

武装してたからゾンビ狩りをするみたいですけど。

正義の味方というよりかは、趣味でゾンビ狩りをするタチの悪い金持ちってところかな。

こんなことしてたら最悪な最期を迎えちゃいそうだね。

 

別れたらどうなるん?

一度ゾンビ化したらもう元には戻らなくなっちゃうってこと?

一回でも戻れたら自力で何とかなるもんなのかな?

ナージャの力があるからしばらくは大丈夫なのかなって思いますけどね。

 

ロボダやばいぃぃ〜!

絶対に助手の妊婦にウイルス注射するやん!逃げて欲しい!

てかロボダって研究力低めだよね。全然成果出してないし。

 

ヴァレーラは、、もはや何とも思わんくなってしまった。

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2020 しょうりん家