海外ドラマ

『デイ・アフターZ』シーズン3全12話のあらすじと感想

2018年12月31日

海外ドラマ「デイ・アフターZ」のシーズン3第4話の感想です。

前回はあんまり進展がなかった感じ。とりあえず自分の中でのヴァレーラの評価が下がったくらい。

というわけで感想です。

『デイ・アフターZ』シーズン3第4話 あらすじ

カーチャは隔離区域内の独占インタビューの仕事に取り組むことになるのだが、そこで思わぬ人と再会することになる。一方研究所のインガとロボダは、秘密裏にとある実験を進める。

 

『デイ・アフターZ』シーズン3第4話 感想

インガの方が一枚上手かな

カーチャがまさかのインガとロボダへインタビューすることになるとは。

しかもカーチャとロボダは殺し合いをした間柄ですからね。

カーチャの方は予想外みたいだったけどインガは想定内っぽかったですね。

やっぱり裏で手を回すのはインガの方が一枚上手かなって思います。

しぶとく残ってますからねぇ。手強そう。

 

子供がいなくなったのはナージャの仕業?

いかにもナージャの仕業っぽい状況だけど、これは普通に違うだろうな。

別の村の人が犯人かなって思います。

でもナージャの服が破れてたのは気になりますね。木に引っかかったのかな?

 

、、、狂犬病の犬を退治した時の傷だったみたいですね。

でもこれだけ疑われたことで、隠れる生活をやめたいって余計に思うようになりますよね。

 

ヴァレーラちょっと嫌いになってきた

カーチャのことを攻めてたけどさぁ、ヴァレーラもちょっと言える立場じゃないよね?

ニーカとキスしまくってるし、もう何様なん?って思ってしまった。

それにカーチャの状況もちょっと考えたら分かるやん。

いきなりロボダが出てきて何も言わないわけないやん。

それにカーチャが働いてるテレビ局のプロデューサーが平気で話を作り替えちゃう人って知ってるやん。それを身をもって体験したやん。

なのによく言い争えるよね。ちょっと幻滅したなぁ。

 

あとアイジャンを撃ったのはカーチャだったんですね。

あの状況だったら撃つしかないと思うけど、今のヴァレーラ見てると別に撃たなくても良かったんじゃないかって思えてくるよ。。

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2020 しょうりん家