海外ドラマ

『デイ・アフターZ』シーズン3全12話のあらすじと感想

2018年12月31日

海外ドラマ「デイ・アフターZ」のシーズン3第11話の感想です。

ナージャの元に向かうために研究所の侵入作戦が進んでます。うまくいくんでしょうか?

というわけで早速みていきたいと思います。

『デイ・アフターZ』シーズン3第11話 あらすじ

ミーチャやサーシャの力を借り、ついに研究所に潜入するヴァレーラだが、ロボダを前に冷静さを失い暴走し…。一方カーチャは、自身の番組内でナージャの存在を世間に公表することで何とか視聴率を上げようと試みる。

 

『デイ・アフターZ』シーズン3第11話 感想

ナージャはロボダが解放してくれそう

ロボダにとってナージャはいい研究材料ですからね。

インガの手に渡って殺されちゃうのだけは避けたいから解放してくれるみたい。それに抗ワクチンを作るっていう目的もほぼ達成しましたし。

となるとヴァレーラが侵入している理由ももうないですよね。個人行動しようとするし。

というかそもそもミーチャが行けばよかったのに。あーでもそうか、ミーチャとナージャは喧嘩してるから行かなかったのかな?

それにブレージックにナージャをさらわれちゃうし、ヴァレーラまじでポンコツっすね。

サーシャ達はヴァレーラがロボダの復讐に走っちゃうことを予測できなかったのかな?

 

あとインガもついにやられてしまいましたね。生き残ると思ってたのになぁ。

これでヴァレーラは罪に問われちゃいそうですね。

シーズン4があればこれで降板かな?

 

カーチャのやけくそが止まらない

ナージャのことを公表しちゃうとまずいんじゃないかな?

これで世間からナージャを捕まえろっていう動きが加速しそうだもん。

カーチャもそれくらいは想定しているはずなんだけど。

仲間を売るようなことをしちゃうくらいヤケクソってことだもんなぁ。

 

ここからの流れはこんな感じかな?

今の状況から考えると、

ブレージックがナージャをハウスホーファーの元に連れて行く→ハウスホーファーがナージャを確保したことを世間に公表する→ナージャを捕まえろとなってた世間の人からハウスホーファーの評価が上がる→エクスタシー社の社長に返り咲く。

こんなところですかね。

って思ったけどハウスホーファーの計画もずさんだったね。脱出ルートのことを何も考えてなかったやん。

 

やっぱナージャは王女だわ

貫禄がもうすごいっすわ。

ラピーダじゃあ太刀打ちできませんよね。

ブレージックも瞬殺だったし。

 

あとビデオ撮ってた人、逃げる時の演技が面白かった。

本気で逃げる時の走り方じゃなくてちょっとジョギングみたいな走り方してたし。

 

次回がシーズン3の最終回です。

残ってるのはクリスチーナの病気とお兄さんの行方ですかね。

ナージャが世間から狙われてるっていうところはシーズン4に持ち越しですかね。

 

次のページへ >

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonギフト券チャージ

チャージしておけばAmazonの買い物で使える

1回のチャージで最大2.0%ポイント貯まる

プライム会員は最大2.5%ポイント

-海外ドラマ

© 2020 しょうりん家